HOME>Column>香典返しならカタログギフト!値段はいくら掛かるのか

香典返しならカタログギフト!値段はいくら掛かるのか

香典返し

自分の予算に合わせてカタログギフトが選べる

昔から香典返しは「半返し」が通例で、いただいた香典の3分の1から半額程度を目安としてお返しの準備をします。最近では通夜や葬儀当日に香典をいただいたら、すぐにその場で品物で返す「当日返し」と呼ばれる習慣が増えてきています。しかし、その品物だけではいただいた香典に見合わない場合に、後日に香典返しとして別のモノを郵送で贈る事になります。香典が1万円の場合、当日返しで2000円の品物を渡していたら、3000円程度の品物が贈る目安となります。当日返しを行わなかった場合は5000円の品物が目安です。悩むのが高額の香典ですが、儀礼的に返すのはかえって失礼なのでその場合はグレードの高い品物を贈ると良いでしょう。お茶や洗剤など手元に残らない品物が昔から良いとされていますが、最近の主流は相手側が自由に好きなモノを選べるカタログギフトに移ってきています。自分の予算に合わす事が簡単なカタログギフトなら、品物選びにあれこれ悩む事もなくなります。葬儀直後はお別れの実感が迫る時でもあり、法事の打ち合わせや遺品整理など何かと用事が多いものです。便利なカタログギフトを利用してこころと体の負担を減らすと良いでしょう。

カタログ

まずは専用サイトを見ておこう

WEB上には通販サイトが充実してきており、今やネットで買えないモノはないという時代、便利に利用できる香典返しのカタログギフト専用サイトも多く存在します。香典返しに悩んだら、まずはそのようなサイトをチェックしてみるのが悩み解消の近道です。こうしたサイトの多くは香典返しに特化したサイトなので、相手側にも贈る側にも失礼のない品揃いとサービスが特徴となっています。人気の定番商品を中心にワンランク上の商品、そこでしか手に入らないショップオリジナル商品など、カタログギフトならでは豊富なラインナップとなっています。選んだ商品はきちんと熨斗(のし)と包装紙が付いているので礼を欠くという事もありません。送料無料サービスはもちろん、熨斗の表書きサービス、香典返しに添えるお礼状サービスなどがあるのが専門サイトの強みです。予算に合わせたカタログギフトを贈り、その中から相手側の好きなモノを選んでいただく・・・これまでの決まり切った品物でなく、気の利いたモノを贈る事で、故人と遺族の感謝の気持ちが伝わりやすくなるものです。