HOME>Column>香典返しってどんなものがあるの?<種類をチェック>

香典返しってどんなものがあるの?<種類をチェック>

香典返し

食べ物だけではなく商品券も選べる

結婚や出産や葬儀などといった人生の区切りに対して、足を運んでくれた方やお世話になった方にお返しをするのが礼儀として続いている風習であります。中でも香典返しなどはお世話になった人などに返すカタログギフトは、自分でカタログの中から商品を選べることから、もらってうれしいものとして一般的に多くの人が利用します。カタログギフトには、日用雑貨を始め、名産品や食べ物といったものがあり、選ぶことの楽しさもありました。しかし近年もっと身近に、もっと実用的にということから、商品券に交換できるカタログギフトもあります。カタログギフトからしか選べなかったものが、商品券によって、また選ぶ幅が広がり、もっと実用的なものになることから商品券を選ぶ人も多くなってきています。

冊子

どれも貰うと嬉しいものばかり!

カタログギフトには値段別に何種類かの冊子が用意されています。香典返しなどの金額などを参考にカタログを相手に送りますが、冊子のページ数は200~400ページと様々ですが、どれも豪華です。その冊子の中で一番どれが高いものかと探してしまいがちですが、ほとんど、統一しての金額設定されている冊子になっているので差はありません。割合ではやはりお肉などを選ぶ人が最も多く、次にブランドものの食器や包丁、お鍋といったキッチン雑貨が多いです。雑貨別、食品別と冊子が分けられているものも多いので選びやすく、実際届いてもとてもうれしいものばかりなピックアップですし、年配の人でも見やすく、自分が本当に欲しいものを選ぶことが簡単にできます。